アイピル

12261419_52bbbc68f1eb8

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)ノルレボのジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社シプラが製造・販売しています。

アイピルには有効成分レボノルゲストレルが配合され、コンドームの着用忘れや破損等の避妊ミスやし忘れ、その他の理由による望まぬ妊娠を防いでくれます。
アイピルが効果を得られる時間は性行為から72時間までとされており、24時間以内なら95%、時間ギリギリなら75%と時間が経過するにつれて避妊確率は低下していきます。

飲む必要がある場合出来るだけ早く飲むべきだと思いますが、個人輸入や輸入代行等でしか入手出来ず時間がかかるので注意が必要です。

アイピルの服用方法

アイピルは性行為後72時間以内に1錠を1回服用してください。
有効時間は72時間ですが時間経過により避妊効果が低下するので、性行為後出来るだけ早く服用してください。

24時間以内に服用すれば、避妊成功率は95%とされています。

アイピルの副作用

アイピルは、副作用に目眩、倦怠感、嘔吐などがあります。
また血栓症のリスクが高まってしまうお薬です。

緊急避妊薬であるため、強めのホルモン剤です。
そのため、副作用も強く出る場合が多いとされています。

激しい頭痛など、身体に異変があれば医師の診察を速やかに受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ