ベピオゲル(ニキビ治療薬)

ベピオゲル

ベピオゲルは、新しいにきび治療薬として話題になっています。

有効成分は過酸化ベンゾイルで、ピーリング効果がある成分です。

日本は、保険適用で購入できるニキビ治療薬が世界に比べてとても遅れていると言われています。

そして2015年4月に新薬として保険適用され、皮膚科で処方され始めました。

効果

ニキビ

ベピオゲルには抗菌作用と角質層剥離作用2種類があります。

今までのニキビ治療は抗菌作用があっても耐性ができてしまい、また繰り返しニキビができてしまうことが多かったのですが、過酸化ベンゾイルは良い菌は抗菌せずアクネ菌のみを退治してくれます。

また、過酸化ベンゾイルの分解により角質細胞同士の結合が弛み角層剥離が促進され、ピーリング効果でにきびの改善を行います。

赤ニキビや白ニキビなど、さまざまなニキビに効果がある、万能な薬です。

使用方法

1日1回、洗顔後に患部に塗ります。

日光に当たると色素沈着してしまう恐れがあるので、就寝前に塗ってください。

副作用

皮膚のかゆみ・ヒリヒリ感・皮膚がうすくはがれるなど

はじめは副作用が現れることが多いですが、肌が慣れてくると症状はなくなります。

長い間症状が激しい場合は、服用を中止し医師の診断を受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ